親の家を片付ける(実家の片付け)作業について

古い車

青森で遺品整理や不用品回収などの片付け・運搬業務を行っているヒラカワウンソウです。

遺品整理や生前整理で親の家を片付けたい、または片付けなければならないと考えている方もいるのではないでしょうか。

いざ手をつけると時間ばかりかかってしまい、途中で断念してしまうこともあるでしょう。実際にどのような作業を行うのか、一般的な3つの作業内容をご紹介させていただきます。

1.仕分けをする

まずは残しておくモノと処分するモノを分別します。

基本的に作業するスペースを確保するために玄関や廊下などから始めます。空いたスペースに段ボールや処分品を仮置きします。

食器や衣類など日用品から片付けることをお勧めします。

貴重品などは残しておくか、処分するか迷ってしまうので、後回しにします。アルバムなど思い出の詰まったモノもある程度、片付いてからにします。特にアルバムは懐かしい思い出がよみがえり、作業の時間が止まってしまいます。

片付けやすいモノから先に作業して、わからないモノは作業が進んでから考えましょう。

2.不用品の分別

処分するモノを分別します。
リサイクルできるモノ、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみに分別します。
ごみの分別は自治体によって分別の仕方が異なりますので、各市町村のホームページなどで確認してください。

片付け作業の中でも一番時間がかかるのが処分するごみの分別です。各市町村のルールに従ってきちんと分別します。

分別作業をすることによって、現金や株券、証券など大切なモノが見つかることもよくあります。
遺品整理ではタンスの奥やドレッサーの引き出しに現金が入っている場合がよくあります。
できるだけ丁寧に作業したいものです。

3.不用品の搬出

片付け作業が終わったら不用品の処分方法を調べます。

まだ使えるものは、リサイクルすることもできます。

ゴミとして処分するモノが少量であれば、町内のごみ収集場所に出すこともできますが、処分するモノが大量にあったり、粗大ごみや廃家電など収集場所に出せないごみもあります。

処分するごみが大量にあった場合や、収集場所に出せないごみは、処理施設へ自己搬入することもできます。または、廃棄物処理業者に回収を依頼します。(有料)

空き家の片付け
空き家の片付け

親の家を片付ける(実家の片付け)を考えている方へ

「実際に実家の片付けを始めてみたが作業が大変で時間がかかり、できなかった」とご連絡をいただく方もよくいらっしゃいます。遺品整理や生前整理を業者に相談してみるのも選択肢の一つではないでしょうか?

実家を片付けなければならない
親が施設に入所したので家を整理したい
仕事が忙しく片付け作業をする時間がとれない

家の片付けについてご不明な点やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

人の想いをはこびます
【想いをはこぶ運送屋】ヒラカワウンソウ
遺品整理・生前整理・不用品回収・特殊清掃・実家の片付け・ゴミ屋敷の片付け