一般的に「不用品を処分すること」「ごみを捨てること」と考える方が多いと思います。しかし、資源として再利用できるモノや新しいモノ、まだ使えるモノなどをきちんと分別して、リユースやリサイクルすることによって、限られた資源を大切にすることができます。

おうちの中に処分したいタンスやベット、廃家電などありませんか?

不用品・粗大ゴミを回収して処分いたします。1点から対応いたします。

遺品整理や生前整理、終活のお手伝いをいたします。引越しごみや実家の片付けごみなど回収いたします。

不用品回収の料金|青森市はこちら

新しいモノや価値のあるモノは買取させていただきます。

古物商の許可をいただいております。

買取した洗濯機
買取した洗濯機

大型家具・家電の処分方法

家電4品目(エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビ)など必ずリサイクルしなければならないモノもあり、何をどのようにすればよいか不用品の処分に困る方もいらっしゃると思います。

タンスや食器棚、ベットなど大型の家具は処分に困ります。また冷蔵庫などの大きい家電製品も処分に困ってしまいます。特に家電4品目(エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビ)は家電リサイクル法で処分方法が決められています。以下に3つの処分方法を記載しました。

①リユース品としてほしい方に譲る

親族や知人にほしい方がいれば譲りましょう。大型のモノは運ぶだけで大変な作業ですが、運送業者などに依頼することもできます。

②リサイクル業者に引き取ってもらう

大型商品は展示スペースが限られているため、新しいモノや高級ブランドの家具以外は引き取ってもらえないこともあります。
特に家電製品は古いモノは引き取ってもらえないことがあるので、製造年月を確認しましょう。冷蔵庫であればほとんど扉の裏に記載してます。(買取業者に引き取ってもらえれば、家電リサイクル料金かからないだけでなく、逆に収入になる可能性もあります。)

再利用について|リユース・リサイクルはこちら

③粗大ごみとして処分する

不用品回収業者遺品整理業者に連絡をして、見積りを依頼しましょう。
また、時間に余裕があり費用を安く抑えたい方は、自治体の粗大ゴミ回収システムを利用することによって、比較的費用は安くすみます。各自治体によって回収方法が異なります。お住いの市町村に確認しましょう。(家電4品目を除く)

家電4品目(エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビ)は購入した電器店・家電量販店や廃家電の収集運搬許可業者に回収を依頼しましょう。収集運搬費と家電リサイクル料金が必要になります。
費用を抑えたい方は郵便局にある振込用紙(家電リサイクル券)を使ってリサイクル料金を支払えば、全国にある指定取引場所へ直接持ち込んで処分することもできます。製造メーカーによってリサイクル料金が異なりますので、メーカーを確認しましょう。

以上、大型家具と大型家電の処分方法をご紹介させていただきました。大きなモノを片付ける作業は、体力的にも時間的にも大変な作業です。特に自分で作業を行う場合は慣れないことが多く、余計に時間がかかり、精神的にも肉体的にも負担がかかります。やはり専門業者に任せることをお勧めします。